FOLLOW US

モウリーニョが意味深発言…チェルシーの後はアーセナルの監督を希望?

チェルシーを指揮するモウリーニョ監督。現在17位の大苦戦を強いられている [写真]=Getty Images

 今シーズンのリーグ戦5試合を終えて1勝1分け3敗の17位と、1988年以来となる開幕最低成績を記録しているチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、14日付のイギリス紙『デイリーメール』に対し、仮にチェルシーを去ることになったとしてもロンドンに留まり他のチームで監督を続けることを示唆した。

 昨季プレミアリーグ覇者の不振をあざ笑うかのごとく、イギリスメディアは連日のようにモウリーニョ監督の解任説を囁いているが、現在52歳の同監督は今後長期的にロンドンに留まる事を明言している。

「こういう風に言えばいいだろうか。いつか私にもチェルシーを去る時が来るが、それでもロンドンには残るつもりでいる。監督にとってロンドンでは他にもフラム、QPR、ウェストハム、トッテナム、イングランド代表、そしてアーセナルを指揮できるチャンスがある」

 さらにモウリーニョ監督は、クラブであればチャンピオンズリーグに出場するチームしか率いないとしており、「そうなると選択しは2つしかないだろう? アーセナルとイングランド代表だ。ただ、その望みは僅かなものだ」と話している。

 なお、チェルシーは19日にホームで行われる第6節で、アーセナルと“ビッグロンドン・ダービー”を戦う。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO