FOLLOW US

ファン・ハール監督が2017年の引退を撤回か…契約延長の可能性浮上

マンチェスター・Uを率いるファン・ハール監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督が、同クラブとの契約を延長する可能性が浮上した。13日、イギリス紙『デイリースター』が報じている。

 同紙によると、ファン・ハール監督は現在年俸600万ポンド(約11億円)の契約を結んでおり、その生活に満足している模様。年内に新しい契約について話し合うことに前向きだという。

 また、マンチェスター・Uと2017年までの契約を結んでいる同監督は以前、契約満了に伴って監督業から引退することも示唆。「やめると思う。妻と約束したんだ。私たちが一緒に過ごせる時間はそう長くないからね」とコメントしていた。なお、後任には現在アシスタントコーチを務めるライアン・ギグス氏を推薦している。

 ファン・ハール監督は、2014年夏にマンチェスター・Uの指揮官に就任。昨シーズンは、プレミアリーグで20勝10分8敗の成績を残し、今シーズンのチャンピオンズリーグ出場権へと導いた。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO