2015.09.13

キャリア最悪の結果にも…モウリーニョ「私以上の適任はいない」

モウリーニョ
エヴァートン戦で戦況を見つめるモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 チェルシーは12日に行われたプレミアリーグ第5節でエヴァートンに敗れ、早くも今シーズン3度目の黒星を喫した。しかしジョセ・モウリーニョ監督は自身がチェルシーを率いるのに最も適した人間だと強調した。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 チェルシーは前節ホームでクリスタル・パレス相手に敗れると、エヴァートン戦でも守備陣が崩壊。スティーヴン・ネイスミスにハットトリックを許し1-3でこの試合を落とした。

 モウリーニョ監督は試合後、「今の結果は私のキャリアの中で最悪だ」と認めながらも、「私よりもうまくこの仕事ができる男はいないと思っている」とこの苦境を乗り越える上で自身が適任だと主張している。

 そしてタイトル争いについては、「それは我々の手元にはない。タイトルを獲得するためには、我々よりも上にいるチームが勝ち点を失うことに期待しなければならないからね。我々が今後すべてのゲームに勝ったとしても、ほかのチームの結果次第なんだ」と述べた。

 また、「今日の試合では我々のミスのすべてが失点につながった。あらゆることがネガティブに作用している。今朝の戦術ミーティングではコンピューターが壊れたんだよ。もちろん、それが原因で敗れたとは言わないがね」と不運が重なったことを明かしている。

 最後にモウリーニョ監督は、「多くの人がこの状況を喜んでいることは知っている。でも我々は再び勝利を取り戻す」とコメントし、復調に自信をうかがわせた。

 なお、チェルシーは16日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節でマッカビ・テル・アヴィヴと、19日にはリーグ戦第6節でアーセナルと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング