2015.09.09

好調マンCに暗雲…サニャが代表戦で負傷、離脱ならSB不足の可能性

サニャ
マンCでプレーするサニャ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するフランス代表DFバカリ・サニャが、負傷していたことが明らかになった。8日付のイギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

 サニャは7日、フランス代表としてセルビア代表との親善試合に先発出場すると、前半終了間際の約10分間は足を引きずりながらプレーし、ハーフタイムに交代となった。同紙によると、後半は足首をアイシングしながら観戦していたという。

 同選手の状態は発表されていないが、今後の試合を欠場する場合はマンチェスター・Cがサイドバック不足に陥る可能性が浮上している。マヌエル・ペジェグリーニ監督は先日、「ガエル・クリシーのことは、私は医者じゃないからはっきりしたことは言えないが、おそらく6~7週間ほどかかりそうだ。十字じん帯を痛めているパブロ・サバレタは、1カ月離脱する」と、2人の主力サイドバックが離脱中であることを明かしていた。

 ここまでプレミアリーグで4戦全勝のマンチェスター・Cは、12日に行われる第5節でクリスタル・パレスと対戦する。この試合で、今夏加入したアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディがサニャに代わり本職ではない右サイドバックでデビューを遂げるかもしれないと、同紙は予想している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る