2015.09.03

ヴェンゲル監督がマンUのマルシャル獲得を批判「莫大すぎる投資」

ヴェンゲル
マルシャル獲得を批判したヴェンゲル [写真]=getty Images

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、移籍市場最終日にマンチェスター・Uがフランス代表FWアントニー・マルシャルを獲得したことを批判した。2日付のイギリス紙『デイリー・メール』がコメントを伝えている。

 マンチェスター・Uは1日、モナコから現在19歳のFWマルシャルを獲得した。移籍金は公表されていないが、10代選手としては史上最高額の3600万ポンド(約67億円)と見込まれている。

 この移籍に関して、ヴェンゲル監督は「マルシャルは19歳で、非常に才能ある選手だ。しかしこれは莫大すぎる投資である。」と批判的な見解を述べた。

 一方、同紙によるとヴェンゲル監督が率いるアーセナルは今夏、チェルシーからチェコ代表GKペトル・チェフを獲得したのみにとどまり、欧州5大リーグの全クラブの中で唯一フィールドプレーヤーの加入がないクラブとなったようだ。

 これについて同監督は「移籍に満足しているかと問われれば、答えはイエスだ。私はこれまでも(アレクシス)サンチェスを買い、(メスト)エジルを買い、チェフを買い、ガブリエルも買った」と大きな補強をする必要がなかったことを強調した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る