FOLLOW US

今季のプレミアは本拠地で苦戦か…ホームチームの勝率がかなり低い

4節を消化し唯一全勝のマンチェスター・C [写真]=Getty Images

 先週末、第4節が終了したプレミアリーグ。

 ここまで4試合を終えて全勝しているのはマンチェスター・Cのみであり、クリスタル・パレスやレスター、スウォンジーといった伏兵が上位を独占している。

 今週からインターナショナル・マッチウィークがスタートするためプレミアリーグはミニブレイクに突入するわけだが、ここまで全40試合の“ある内訳”がかなり変わったものになっているようだ。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』によれば、この40戦のうちホームチームが勝利したのはわずかに9試合。アウェーチームが勝利したのはその倍近い17試合だったそうだ。

 これを勝率に直すと以下のようになる。

・ホームチームの勝率:22.5パーセント
・アウェーチームの勝率:42.5パーセント

 ホームアドバンテージが大きいサッカーにおいて、22.5パーセントという数字は低い数字だろう。

 今シーズンここまでホームゲームで勝利できていないのは20チーム中13チーム。なかでもウェスト・ハムは2勝2敗で8位につけているのだが、この2勝はアウェーでの勝利である。当然、2敗はいずれも本拠地アプトン・パークでの黒星であり、ちょっと不思議な戦績だ。

 同メディアによれば1888年以降のホームチームの勝率は減少傾向にあり、1895年は65パーセントだったにもかかわらず、2012-13シーズンは42パーセントだった。一方でアウェーチームの勝率は上昇しており、昨シーズンは31パーセントを記録している。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO