2015.09.01

勝率76パーセント…モウリーニョ監督のホームでの成績が圧倒的すぎる

モウリーニョ
チェルシーを率いるモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 開幕以降、ピリッとしないプレミア王者チェルシー。

 先週末行われたクリスタル・パレス戦も1-2と敗れ、これでリーグ戦は早くも2敗目。リーグテーブルでは13位につけている。

 そんなチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督にとって、この日の試合はプレミアリーグにおけるホームでの100試合目であった。

 記念すべき試合を勝利で飾れず本人は悔しかったに違いないが、それでもこの100戦でモウリーニョ監督が樹立した記録が圧巻だったのでご紹介しよう。

 プレミアリーグによれば、プレミアリーグ挑戦からホーム100試合であげた勝ち点では、モウリーニョ監督が史上最多であるという。

 その数字は250ポイント。ホームでは平均2.5の勝ち点をあげているのだから驚異的と言う他ない。この数字はアレックス・ファーガソン氏の234を上回っており、ラファエル・ベニテス監督(231)やアーセン・ヴェンゲル監督(226)といった名将たちの遥か上を行く数字だ。

 2004年から2007年までの第一次政権で60試合、2012年から現在までの第二次政権で40試合を戦っているが、黒星の数はわずかに2。モウリーニョといえば2001年から2011年にかけて、足掛け11年間でリーグ戦のホームゲーム150戦無敗という記録を作ったことで有名だが、やはりホームでの勝負強さは健在である。

 第一次政権と第二次政権では得点力にやや開きがあるが、それでも勝率自体は76.7パーセントと76.9パーセントを記録しており、ほぼ同じ水準を保っている(クリスタル・パレス戦で敗れ、モウリーニョ監督の勝率は76.0パーセントになった)。シーズンによって選手はもちろん違うわけだが、そうした要素もモウリーニョ監督にとってはほとんど関係ないようだ。

 なお、同監督がプレミアリーグのホームゲームで敗れたのは一昨シーズンのサンダーランド戦、そしてこの日のクリスタル・パレス戦である。いずれもスコアは1-2であり、試合終了残り10分ほどのタイミングで2失点目を喫している。

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング