FOLLOW US

マンU退団は監督との確執が原因…ディ・マリア「何度か衝突した」

昨季はファン・ハール監督(右)の下でプレーしたディ・マリア(左)[写真]=Man Utd via Getty Images

 パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、昨シーズン在籍したマンチェスター・Uのルイ・ファン・ハール監督について、母国の『ESPN Radio』のインタビューで語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8月31日に伝えている。

 ディ・マリアは2014年夏にレアル・マドリードからマンチェスター・Uに、プレミアリーグ史上最高額の移籍金5790万ポンド(約111億円)で加入。だが、わずか1年後の今夏、4430万ポンド(約82億3000万円)でパリ・サンジェルマンに活躍の場を移すことになった。

 同選手は、「マンチェスター・Uでいいプレーをしていたが、負傷をしてしまった。すべての事がうまく行かなくなったんだ。それに自分のポジションも変わった。決めたのは監督だ。最終的には試合に出るよりベンチに座ることが多くなった」と昨シーズンの不調理由を明言。

「ファン・ハール監督のやり方に合わせるのが難しかった。自分の哲学に従わせようとしたからだ。誰もが彼が望んでいることや行なっていることに従わなければならないんだ」と続けると、「最初は監督との間に問題はなかったが、その後、何度か衝突してしまった。それで、関係が悪くなった。そういうことは選手の気持ちに影響する」と、同監督との間に確執があたっため、移籍したいと思うようになったという。

 ディ・マリアのプレミアリーグ先発出場はわずか20試合で、シーズン終盤の10試合では1度だけ。公式戦通算では32試合に出場し4ゴールに留まっていた。なお、同選手は8月30日に行われたリーグ・アン第4節のモナコ戦で初出場を果たすと、さらに初アシストも決めてパリSGデビューを飾っていた。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO