FOLLOW US

先発の岡崎は連続得点ならず…レスター、失点直後のマーレズ弾でドロー決着

トッテナム戦で先発出場したレスターFW岡崎慎司(右) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第3節が22日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターとトッテナムが対戦した。

 開幕から2連勝中のレスターが、1分1敗で未勝利のトッテナムをホームのキング・パワー・スタジアムに迎えての一戦。前節プレミア初ゴールを記録した岡崎は、FWジェイミー・ヴァーディとの2トップで3試合連続先発出場となり、連続得点に期待がかかる。一方、初勝利を収めたいトッテナムは、ゲームメーカーのMFクリスティアン・エリクセンが負傷で欠場し、代わってMFエリック・ラメラがスタメン入りした。

 前半はトッテナムがボールをキープをするも、アイディアに欠いて攻撃の糸口を掴めない。一方、レスターはペース配分を考えてか、ここ2試合で見せてきた積極性が影を潜め、自陣に引いて堅守で応戦する。トッテナムは8分、ムサ・デンベレがペナルティエリア手前中央からシュートを放つも、GKカスパー・シュマイケルの正面。レスターは17分、左サイドのマーク・オルブライトンが中央に切り込んで右足を振り抜くが、クロスバー上に外れた。試合は26分に給水タイムで一時中断。岡崎は、クラウディオ・ラニエリ監督から熱心に指示を受けていた。

 再開直後29分、トッテナムはデンベレがエリア手前右で左足を振り抜くと、シュートは枠の右隅を突くが、シュマイケルの好セーブに阻まれた。44分には、ハリー・ケインがエリア内左に抜け出してシュートを放つが、枠を捉えられなかった。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入って、トッテナムは48分、カイル・ウォーカーのスルーパスに反応したナセル・シャドリがエリア内右に抜け出してシュートを放つも、枠の右に外れた。レスターは55分、リヤド・マーレズのパスからエリア内右に抜け出したダニー・ドリンクウォーターが、切り返して左足を振り抜くが、シュートはわずかにゴール右に逸れた。トッテナムは63分、浮き球のパスをエリア内左で受けたケインが、中央へ切り込み、倒れながらシュートを放つが、シュマイケルに正面でキャッチされた。

 レスターは68分、ロングボールから岡崎がディフェンスの裏を抜け出すが、オフサイドの判定。さらに69分、相手のミスからマーレズがエリア内右の深いところに侵入し、角度のないところからシュートを放つが、右ポストに弾き返された。71分にまたも給水タイムで中断。再開後の74分、パスをエリア内で受けた岡崎が、反転して前を向くが、ヤン・ヴェルトンゲンにカットされ、シュートまで持ち込めなかった。

 レスターは78分、オルブライトンを下げて新加入のエンゴロ・カンテを投入し1点を狙う。さらに80分、ドリンクウォーターに代えてギョクハン・インレルをピッチに送り出した。しかし直後の81分、トッテナムが先制に成功する。ケインのパスでエリア内左に抜け出したシャドリが中央へ折り返す。そのボールをファーサイドでフリーのデル・アリがダイビングヘッドで押し込んでゴールネットを揺らした。

 失点を喫したレスターだが、直後の82分に早くも同点に追いつく。味方の落としを受けたマーレズがエリア内右に侵入し、左足を振り抜くと、シュートはゴール左に突き刺さった。マーレズは3試合連続の得点となった。さらに88分、マーレズの左サイドからのクロスに、飛び込んできたウェズ・モーガンがヘディングで合わせるが、GKウーゴ・ロリスに阻まれた。

 試合はこのままタイムアップ。レスターはホームでトッテナムと1-1の引き分けで終わった。レスターは開幕3戦で無敗を維持。一方のトッテナムはまたも初勝利を収めることはできなかった。なお、岡崎はフル出場を果たしている。

 レスターは、25日にキャピタル・ワン・カップ2回戦でベリーと対戦し、29日に第4節のボーンマスとのアウェー戦に臨む。トッテナムは29日の次節で、エヴァートンと対戦する。 

【スコア】
レスター 1-1 トッテナム

【得点者】
0-1 81分 デル・アリ(トッテナム)
1-1 82分 リヤド・マーレズ(レスター)

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA