2015.08.22

シュヴァインシュタイガーが初先発か…マンU監督「準備できている」

シュヴァインシュタイガー
先発出場に期待がかかるマンUのシュヴァインシュタイガー [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、22日にホームで行われるプレミアリーグ第3節でニューカッスルと対戦する。マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督は、同試合でドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーを先発起用する可能性を示唆した。クラブ公式サイトが21日に伝えている。

 今シーズンから加入したシュヴァインシュタイガーは、コンディション調整のため、これまでは途中出場にとどまっている。8日に行われたトッテナムとのプレミアリーグ開幕戦、14日に行われた第2節のアストン・ヴィラ戦では60分から出場。18日に行われたチャンピオンズリーグ予選プレーオフ・ファーストレグのクラブ・ブルージュ戦では、後半開始からピッチに立った。

 クラブ公式チャンネル『MUTV』のウィークリーインタビューをAonトレーニングコンプレックスで受けたファン・ハール監督は、ニューカッスル戦でシュヴァインシュタイガーを先発出場させる可能性を明かし、さらに疾患により離脱中のイングランド代表DFフィル・ジョーンズの欠場を明言。そしてアルゼンチン代表DFマルコス・ロホについても、まだ試合用コンディションが整っていないと説明した。

「(離脱者については)状況は同じだ。病気のジョーンズのみ。だが、彼の体調は回復し始めている。ピッチでのランニングも始めているので、悪くはない。ロホはプレーできるフィットネスレベルにもっていく必要がある」

「(シュヴァインシュタイガーの先発起用は)時間の問題だ。彼の準備もできている。明日の試合で実現するかもしれない。誰にもわからないことだ。彼のプレーはまだまだ上がる。コンディションが整っていない内は、実力を最大限に生かすことは難しい。だが、それも時間の問題だ。(副)キャプテンのマイケル・キャリックとシュヴァインシュタイガーをローテーション起用することで問題を解決してきた。これは非常に良い解決法で、ビッグゲームに備えて、彼らにかかる負担を軽減させられる」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る