2015.08.18

なぜいつも“P”?…チェルシーを倒した最近の6チームにある共通点とは

チェルシー
ペジェグリーニ監督率いるマンCに敗れたチェルシー [写真]=Getty Images

 16日に行われたプレミアリーグ第2節でマンチェスター・Cとの大一番に挑んだチェルシー。試合は0-3の完敗に終わった。

 開幕節をスウォンジーと引き分けていたチェルシーは、これで2節を消化し1分1敗。8月に黒星を喫するのは実に9年ぶりのことであり、同時期の無敗記録は28でストップした形だ。

 アーセナルとのコミュニティ・シールドにも敗れ、チェルシーは未だ公式戦で勝利がない。プレミアリーグのリーグテーブルで16位に沈んでいるのだが、今回のマンチェスター・C戦での黒星を受けてちょっと興味深い事実が判明したようだ。

 なんでも、ここ最近のプレミアリーグでチェルシーを破ったチームの監督の頭文字には、必ず“P”がついているのだという。

 チェルシーがリーグ戦で敗れた6つの試合のスコアとその詳細を見てみよう。

▼2013-14シーズン 第32節
クリスタル・パレス 1-0 チェルシー
相手チームの監督 トニー・ピューリス(Tony “P”ulis)

▼2013-14シーズン 第35節
チェルシー 1-2 サンダーランド
相手チームの監督 グスタボ・ポジェ(Gus “P”oyet)

▼2014-15シーズン 第15節
ニューカッスル 2-1 チェルシー
相手チームの監督 アラン・パーデュー(Alan “P”ardew)

▼2014-15シーズン 第20節
トッテナム 5-3 チェルシー
相手チームの監督 マウリシオ・ポチェッティーノ(Mauricio “P”ochettino)

▼2014-15シーズン 第37節
ウェスト・ブロムウィッチ 3-0 チェルシー
相手チームの監督 トニー・ピューリス(Tony “P”ulis)

▼2015-16シーズン 第2節
マンチェスター・C 3-0 チェルシー
相手チームの監督 マヌエル・ペジェグリーニ(Manuel “P”ellegrini)

 この通りである。

 チェルシーは2014年3月29日からプレミアリーグで計6敗を喫しているのだが、その対戦相手の監督はいずれもファミリーネームの頭文字が“P”。ちなみに、2013-14シーズンの第30節でもチェルシーはアストン・ヴィラに1-2と敗れているが、この時ヴィラを率いていたのはポール・ランバート監督(“P”aul Lambert)だったという。

 今シーズンのプレミアリーグでペジェグリーニ監督以外に名前の頭文字に”P”がつくのは三人いる。

 クリスタル・パレスのアラン・パーデュー監督(Alan Pardew)、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督(Mauricio Pochettino)、WBAのトニー・ピューリス監督(Tony Pulis)。いずれもモウリーニョから白星を奪ったことのある指揮官であり、チェルシーは次節ピューリス監督が指揮するWBAと、次々節パーデュー監督が指揮するクリスタル・パレスと対戦するというから、偶然にしてはできすぎである。

 以前、マンチェスター・Uが欧州カップ戦の舞台でバイエルンやバルセロナ、バーゼル、アスレティック・ビルバオといった頭文字に“B”がつくチームに敗れ敗退していった際、“Why Always B?”という言葉が一部ファンの間で話題となった。

 これは、リヴァプール所属のFWマリオ・バロテッリがマンチェスター・C時代に、マンチェスター・ダービーでゴールした際に着ていたシャツにプリントされていた“Why Always Me?”というメッセージを文字ったものだが…今シーズンは“Why Always P”という言葉が誕生するかも?

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る