FOLLOW US

マンCがオタメンディ獲得に迫る…マンUと争奪戦も68億円で決着か

バレンシアでプレーするオタメンディ [写真]=Getty Images

 バレンシア所属のアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディが、マンチェスター・Cへ加入目前となっていることが明らかになった。17日付のイギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

 同紙によると、オタメンディの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏は、すでにマンチェスター入りしているという。

 同選手獲得のため、マンCは移籍金2850万ユーロ(約55億5000万円)の支払いとフランス代表DFエリアキム・マンガラをレンタルで差し出すことが噂されていたが、マンガラがこれを拒否。これにより、移籍金3500万ポンド(約68億円)で取引される見通しとなっている。

 一方バレンシアは、マンチェスター・Cから昨シーズンレンタルで加入していたスペイン人FWアルバロ・ネグレドの買い取りが義務づけられていたため、マンチェスター・Cに2380万ポンド(約46億円)を支払う必要があり、オタメンディの移籍金の一部として充てられる模様。

 昨年ポルトからバレンシアに加入したオタメンディは、以前から代理人を通じてバレンシアを退団する旨を明らかにしており、去就が注目されていた。先日はマンチェスター・Uへの移籍が迫っていると報じられていたため、目前でライバルクラブが獲得に成功するか、注目が集まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO