FOLLOW US

岡崎が2戦目でプレミア初ゴール…ヘディングで泥臭く先制点奪う

先制ゴールを挙げた岡崎慎司(中央) [写真]=Getty Images

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、15日に行われたプレミアリーグ第2節のウェストハム戦で移籍後初ゴールをマークした。

 2試合連続で先発出場した岡崎は27分、左サイドに抜けだしたヴァーディが一度切り返して右足でクロスを上げると、右足アウトサイドでボレーシュートを放った。一度はGKアドリアンに防がれたが、こぼれ球が浮きあがったところを頭で押し込んで移籍後初ゴールをマークした。

 プレミアリーグで得点した日本人選手は、MF稲本潤一(現・コンサドーレ札幌)、中田英寿氏、MF香川真司(現・ドルトムント)、DF吉田麻也(サウサンプトン)に続いて5人目となった。

 なお、試合は70分まで経過し、2-1でレスターがリードしている。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO