FOLLOW US

マンU、バレンシアDFオタメンディ獲得が迫る…移籍金は約68億か

8日のローマ戦に出場したオタメンディ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uはバレンシアに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディと個人合意に至り、5年契約を結ぶ見込みだ。イギリス紙の『インディペンデント』や『メトロ』など複数メディアが12日付で伝えている。

 バレンシアの地元TV局『SillasGol』によると、マンチェスター・Uとバレンシアはオタメンディの移籍ですでに合意に至っており、契約も詳細を詰める最終段階に差し掛かっているようだ。同TV局のディレクターであるナチョ・コチノ氏は、マンチェスター・Uとの契約に関する法的な証拠を掴んだと主張している。

 昨年ポルトからバレンシアに加入した同選手は以前から代理人を通じてバレンシアを退団する旨を明らかにしており、今夏での去就が注目されていた。CBの補強を狙うルイ・ファン・ハール監督は当初スペイン代表DFセルヒオ・ラモスの獲得を狙っていたものの、27歳のオタメンディにターゲットを変更した模様。

 バレンシアと5年契約を結んでいる同選手の違約金は3500万ポンド(約68億円)になるとみられている。昨シーズン、オタメンディはリーグ戦35試合に出場し、6ゴールを記録した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA