2015.08.13

アーセナルMFロシツキー、ひざの手術を受けて最大2カ月の離脱へ

ロシツキー
アーセナルに所属するチェコ代表MFロシツキー [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 アーセナルに所属するチェコ代表MFトマーシュ・ロシツキーは、ひざの手術を受けたため最大で2カ月の離脱を強いられると、同選手の代理人が明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に伝えている。

 ロシツキーは、6月12日に行われたユーロ2016予選のアイスランド戦(1-2で敗戦)でひざを負傷し離脱。そのため8月2日に行われたコミュニティ・シールド2015のチェルシー戦(1-0で勝利)と、9日に行われたプレミアリーグ開幕節のウェストハム戦(0-2で敗戦)は欠場していた。

 同選手の代理人を務めるパヴェル・パスカ氏は、「彼は8月4日にひざの関節鏡視下手術を受けた。回復には4〜8週間かかる見込みだ」と明かしている。

 現在34歳のロシツキーは、2006年にドルトムントからアーセナルに移籍。昨シーズンは公式戦24試合に出場し3ゴールを記録していた。また、5月にはクラブとの契約を1年延長。今夏には古巣スパルタ・プラハへの移籍も報じられたが、同選手は残留の希望を明言していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
マンチェスター・C
7pt
アーセナル
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
6pt
フライブルク
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
4pt
バジャドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング