FOLLOW US

チェルシーFWジエゴ・コスタ、愛犬との悲しいエピソードが明らかに

チェルシーに所属するジエゴ・コスタ [写真]=Getty Images

 チェルシーでプレーするFWジエゴ・コスタと愛犬との辛い過去について、イギリス紙『ミラー』が伝えている。

 D・コスタの新しい自伝『Diego Costa: The Art of War』からの抜粋だそうで、アトレティコ・マドリード時代のチームメイトであるパウロ・アスンソンがこう明かしたという。

「ジエゴは彼のヨークシャー・テリアをマドリッドに連れてきた。だが、ある日彼が駐車している際、車の後ろに犬がいることに気付かなかった。彼はバックしてしまった」

「彼は打ちのめされ、一カ月も完全に意気消沈していた。なぜそんなに落ち込んでいるのか尋ねた時、彼は打ちひしがれるようにこう言ったんだ。『信じられない。自分の犬を殺してしまった。彼(犬)は僕を迎えるために家から出てきた。僕は彼のことを見ていなくて、轢いてしまった』」

 これが事実ならば、犬好きにとってこれほど辛いことはないはず…。一カ月間落ち込んでいたのも無理はない話だ。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO