2015.07.31

アーセナル、ブスケツやロイスら複数ビッグネームをリストアップか

バルセロナのブスケツ(左)とドルトムントのロイス(右) [写真]=Getty Images

 アーセナルが、バルセロナ所属のスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツ、ドルトムント所属のドイツ代表MFマルコ・ロイス、バレンシア所属のスペイン人FWアルバロ・ネグレドらを補強候補としてリストアップしているようだ。イギリス紙『テレグラフ』や『ガーディアン』など複数メディアが30日付で伝えている。

 プレミアリーグの新シーズン開幕まで10日を切り、アーセナルはアーセン・ヴェンゲル監督が求めるワールドクラスの獲得に動いているようだ。

 スペイン紙『スポルト』によると、ヴェンゲル監督の補強候補リストのトップにはバルセロナMFブスケツの名前があるという。ヴェンゲル監督は27歳のブスケツがアーセナルの中盤にバランスと落ち着きをもたらすことができると考えているようだ。アーセナルは期限付き移籍でブスケツ獲得を狙っており、同選手が求める週給14万ポンド(約2700万円)と移籍金750万ポンド(約15億円)を払う準備があるものの、ルイス・エンリケ監督が放出を容認する可能性は低いとみられている。

 またドイツ紙『ビルド』は、アーセナルがクラブレコードである移籍金4800万ポンド(約93億円)でロイスの獲得を画策していると報じている。レアル・マドリードやリヴァプールも今夏の移籍市場でロイスの獲得を狙っているが、アーセナルが獲得レースを一歩先んじている模様だ。しかし、同選手の代理人は「ヨーロッパの複数クラブから接触を受けたが、彼はドルトムントに残ることを決めた」と語り、ロイスのドルトムント残留を明言している。

 他方で、アーセナルはネグレドへの関心も伝えられている。現在、マンチェスター・Cからバレンシアにレンタル移籍中のネグレドの去就は不透明となっている模様。バレンシアがレンタル移籍の契約を1年間延長する場合に払わなければならない1000万ポンド(約19億円)の支払いを渋っており、他クラブへの移籍が濃厚とみられている。同選手の獲得はストライカーの補強を望むヴェンゲル監督の要望にも沿う形であり、アーセナルは完全移籍での獲得を目論んでいるという。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る