2015.07.25

“禁断の移籍”を決断したチェフの想い「今の僕はプレーに飢えている」

チェフ
チェルシーからアーセナルに移籍したチェコ代表GKチェフ [写真]=Arsenal FC via Getty Images
ロンドン在住のサッカーライター。

文=藤井重隆

 チェコ代表GKペトル・チェフのチェルシーからアーセナルへの移籍は、2015年夏の欧州移籍市場において大きな話題の一つとなった。契約が残り1年となっていたため移籍金は1000万ポンド(約19億円)と比較的安価だったが、同じ街のクラブ間を移籍することはファンを裏切る行為とされるため、移籍直後にはSNSで両クラブのファンが賛否の嵐を巻き起こした。

 昨シーズン、11年目を迎えたチェルシーでベルギー代表GKティボー・クルトワに定位置を奪われたものの、その苦渋の決断に踏み切ったジョゼ・モウリーニョ監督からは「できれば放出したくはないが、するなら海外に移籍してもらいたい」とまで言わしめたチェフ。現役キャリア終盤を迎えている33歳の守護神の年俸は、520万ポンド(約9億9000万円)でアーセナル史上最高給取りとなったと報じられた。

 同選手が古巣ファンから死の脅迫まで受けながらも、ロンドンの南から北のクラブへ『禁断の移籍』に踏み切った理由とは何なのか。アーセナル公式サイトでその想いを語っている。

 チェフは、アーセナル移籍の決め手について、「彼らのアプローチがきちんとしていたのが大きい。最初の交渉で僕はアーセン・ヴェンゲル監督と話をしたし、そこがほかのクラブの交渉とは大きな違いだった」と説明。さらに、「今の僕はプレーに飢えているし、トロフィー獲得に対するモチベーションやコミットメントは子供の時や10~15年前の若い時と変わらない」として、「ヴェンゲル監督と話し、僕は欧州最高峰に挑む、成功を見据えたチームを見つけたと信じている。アーセナルの方針は僕にとって刺激的なものだった」と明かしている。

 ヴェンゲル監督との話し合いでは、「彼が僕の決断が正しいと確信させてくれた」と明言。「僕にとって刺激的な移籍となった」と続けると、「プレミアリーグ優勝を待ち望んでいるアーセナルの一員となり、僕の経験を活かせられれば、僕らはその目標を達成できると思う」と、アーセナルのリーグ優勝に貢献すると誓った。

 また、MFトマーシュ・ロシツキーとはチェコ代表とアーセナルの両方でチームメイトとなった。チェフは、「代表で一緒に過ごしていたから、ロシツキーとは移籍の話をしていた。彼は常に幸せそうだったし、アーセナルでのプレーを心から好いているようだった」と語ると、「彼も僕の移籍を望んでくれていた。彼は僕にアーセナルの良さを教えてくれたし、彼は僕の移籍を後押ししてくれた大きな要素の一つだった」と明かしている。

 11年間所属したチェルシーを退団し、ライバルのアーセナルに移籍。難しい決断をしたチェフだが、次の様に当時の心境を語った。

「この移籍はおそらく人生で最も難しい決断だったと思う。でも去年、僕はベンチに下げられると分かった時、キャリアの終わりを迎えているとは思わなかった。僕はプレーしたいし、僕はチームでポジションを争いたい。チームの役に立ちたいし、毎週チームに貢献したい。僕は自分がアーセナルでポジションを争える機会を持てると思っているし、僕がチームに力をもたらせると願っている」

 プレミアリーグでも11年間過ごしてきたベテランのチェフ。積み上げてきた経験から、アーセナルでも貢献できると自信をもって次のように語っている。

「僕はプレミアリーグが世界一のリーグだと信じているし、このリーグで長年プレーしてきたことは僕の強みだ。何が求められるか分かっている。自分がこの国やリーグで安定した生活やプレーをしているということは大きな強みになると思う」

「僕はイングランドのクラブのほぼ全てのクラブのプレースタイルを把握している。世界最高峰の選手たちを相手にプレーすることは大きな挑戦だし、僕は常にプレミアリーグでプレーし続けたいと思っていた」

 チェフの公式戦デビューは8月2日のコミュニティ・シールド(前シーズンのリーグ覇者対FAカップ覇者によるスーパーカップ)となる見込みで、古巣チェルシーといきなり対戦することになる。

 同選手は、「ファンにとってこんなに都合のいい話は他にないだろう。コミュニティ・シールドは非常に刺激的であると同時に非常に不思議な日になると思う。11年間チェルシーでプレーし、成功を築いた数々の思い出がある中で、彼らを相手にするのは非常に不思議な感じになるのはやむを得ないことだ」と語ったものの、「ピッチに立ったら自分のチームのためにプレーをし、勝利するだけだ。シーズンを通して、ピッチ外で交友のある選手や代表でともにプレーする選手たちと戦ったりするけど、一度ピッチに立ったらそうした気持ちは無くなるし、勝利だけに集中する」と古巣との対戦に意気込んでいる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る