FOLLOW US

マンUデビューのシュヴァインシュタイガー「緊張より興奮していた」

クラブ・アメリカ戦でクラブデビューを果たしたシュヴァインシュタイガー [写真]=AMA/Getty Images

 今夏、マンチェスター・Uに加入したドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーが、17日に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2015・北米ラウンドのクラブ・アメリカ戦(1-0で勝利)で、プレーシーズンマッチながらもクラブデビューを果たした。試合後、同選手がインタビューに応じ、クラブでの未来に興奮していると語った。クラブ公式サイトが伝えている。

 シュヴァインシュタイガーは、クラブデビューを飾った感想を問われると、「最高。ユニホームに袖を通せて嬉しかったし、内容も良かった。もっと試合に出場したい。特にオールド・トラッフォードでね」とコメント。出場目前の感情を振り返り、「緊張よりも興奮のほうが勝っていた。どういうものなのか感じてみたかったし、自分のコンディションを見たかった」と語ると、「自分にとっても良いテストになったよ。まずまずの感じだったから、良い兆候だ」と前向きなコメントをしている。

 試合内容については、「クラブ・アメリカの選手は非常にアグレッシブで、全員ボールを持った時のプレーが良かった。簡単な試合ではなかったよ。プレミアリーグの試合に近いかはわからない。たぶん、近くはないと思うけれど、ここ数日チームとして練習してきたことを出せたし、良い内容だった。試合をコントロールして、コンパクトに保とうとした。良い内容だったと思うよ」と満足感を示した。

 さらに、同じく今夏新加入のオランダ代表FWメンフィス・デパイとイタリア代表DFマッテオ・ダルミアンもデビューしていた。両選手の印象を聞かれたシュヴァインシュタイガーは、「2人とも良かったと思う。メンフィスの才能は素晴らしいし、技術も高い。これからピッチ上で楽しくやれると思うよ。マッテオは典型的なイタリア人選手だけれど、そこが良い! 彼はかけひき上手で、優秀な選手だし、動きも速い」と称賛すると、「ユナイテッドにとって、とても良い補強になったと思うね」とコメントしている。

 その他、同試合でともにプレーした若手選手について問われると、「とても楽しかったよ。若い選手のプレーを見られるのは良いことさ。(アンドレアス)ペレイラ、ジェシー(リンガード)、(ジェームズ)ウィルソンは本当に素晴らしい選手だね。彼らが今後も良いプレーを続ければ、マンチェスター・Uにとっても喜ばしいことになるかもしれない」と語っている。

 マンチェスター・Uは、21日に行われたICCでサンノゼ・アースクエイクスと対戦し、3-1の勝利を収めた。25日には同カップ戦でバルセロナと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA