FOLLOW US

トッテナムGKロリスが手首を骨折…プレミア開幕戦欠場の可能性も

骨折が判明したトッテナムGKロリス [写真]=Getty Images

 トッテナムはフランス代表GKウーゴ・ロリスが手首を骨折していたことを13日、クラブ公式HP上で発表した。

 クラブは負傷の理由については明らかにしていないが、プレシーズンの間はロリスをファーストチームに帯同させ、メディカルスタッフとリハビリの経過を観察していく予定。同日付のイギリスメディア『BBC』によると、治療が長引いた場合は8月8日に行われるプレミアリーグ開幕戦のマンチェスター・U戦に間に合わない可能性も浮上しているという。

 現在28歳のロリスは今シーズンでトッテナム入団4年目を迎え、チームの副主将も務めている。昨シーズンも正GKとして公式戦44試合に出場し、チームの5位入りに貢献していた。

 なお、同選手はレアル・マドリードへの移籍が噂されるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの後釜として、マンチェスター・U行きが報じられており、今回の負傷が移籍に影響する可能性もある模様だ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA