FOLLOW US

ヴェンゲル監督が退団したディアビに言及「とてつもない才能があった」

ヴェンゲル監督(左)とディアビ(右) [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、6月30日をもって契約満了を迎え、クラブを退団した元フランス代表MFアブ・ディアビについて言及した。クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 ヴェンゲル監督は、退団したディアビについて「ディアビを最大限生かす機会がなかったことは最も嘆かわしいことだ。彼にはとてつもない才能があったから、(活躍できなかったことが)本当に悲しいよ。その実力に見合ったものを得ていない」と述べ、同選手が才能を発揮できなかったことを嘆いた。

 また、ディアビの姿勢についても「そして彼は非常に真面目な選手で、準備を怠ることはなかった。キャリアの終盤で報いることができるよう願っている」とコメントし、今後の活躍を願っている。

 現在29歳のディアビは、2006年にアーセナルへ加入した。しかし、5月に大ケガを負って以降、負傷離脱を繰り返している。昨シーズンも負傷の影響により、昨年9月に行われたキャピタルワン・カップのサウサンプトン戦で67分間プレーしたのが、唯一の出場機会であった。一時は契約延長の可能性も報じられていたが、そのまま契約満了を迎えてクラブを退団している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO