2015.06.25

セルヒオ・ラモスの去就報道にマンUのOBが苦言「利用されているだけ」

S・ラモス
マンチェスター・U行きが噂されるセルヒオ・ラモス [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードからの契約延長オファーに対する不満により退団を志願したとも伝えられているなど、ここに来て夏の移籍市場での去就が騒がしくなっているスペイン代表DFセルヒオ・ラモス。だが、その有力な移籍先として名前が挙がっているマンチェスター・UのOBである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏および同DFガリー・ネビル氏が、過熱する一方の報道に異を唱えた。

 この夏の移籍市場でも大型補強に向かうと見られているマンUは、セルヒオ・ラモスだけではなくバイエルンのドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーの獲得も噂されている。しかし、2014-15シーズンで現役を引退したファーディナンド氏は、両選手の実力を高く評価しながらも、双方とも現在所属しているクラブとの契約延長交渉を優位に進めるために、マンチェスター・Uからの関心を使っている可能性を指摘した。

「もし本当にユナイテッドがセルヒオ・ラモスやシュヴァインシュタイガーを獲得できれば、とてもいい補強と言えるだろう。しかし、彼らが今在籍しているクラブからよりよい条件を引き出すために、ユナイテッドは利用されているだけではないのか?」

 マンチェスター・Uはまた、セルヒオ・ラモスを獲得するために、移籍金4000万ポンド(約55億6000万円)にレアル・マドリードが獲得を狙っているスペイン代表GKダビド・デ・ヘアを加えた条件を提示する計画があるとも伝えられている。だが、現在は『スカイスポーツ』のコメンテーターを務めているG・ネビル氏は、この金銭付きトレードはマンチェスター・Uにとって全くもって不利益だと厳しく非難した。

「ユナイテッドがセルヒオ・ラモス獲得のために4000万ポンドとデ・ヘアを差し出すというニュースが流れているって? お願いだから止めてくれ! ラモスを攻めるつもりは一切ないが、それはあってはならない事だ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る