2015.06.13

ランパードが大英帝国勲章を受章…過去にはベッカムやギグスも

ランパード
チェルシー在籍時のランパード [写真]=Getty Images

 元イングランド代表MFフランク・ランパードが、大英帝国勲章第4位にあたるOBE(Officer of the Order of the British Empire)を受勲した。同選手の喜びを12日にイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 ランパードは2001年から2014年まで在籍したチェルシーでクラブ史上最多となる211ゴールを記録。また、プレミアリーグで164試合連続出場という驚異的な記録も残している。

 イングランド代表としても106試合に出場し、2度のW杯を経験した。来シーズンからは母国を離れ、アメリカのニューヨーク・シティでプレーすることとなっている。

 勲章を受け取ったランパードは「最高の栄誉だ。長い間サッカーの世界で成功を収めることができ、僕はとても幸運だったと思う。自分にとって、そして家族にとって、本当に誇らしい瞬間だ」と喜びのコメントを残した。

 なお、過去には元マンチェスター・Uのライアン・ギグス氏や、デイヴィッド・ベッカム氏も同称号を受章している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る