FOLLOW US

中盤の補強目指すマンU、シュネデルランを今夏のターゲットに

マンUの補強第一候補と報じられたシュネデルラン [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンのフランス代表MFモルガン・シュネデルランを今夏の獲得ターゲットに定めたという。11日、イギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

 シュネデルランは昨年も退団が噂されたが残留を決断。しかしチャンピオンズリーグ(CL)の舞台でプレーしたいと望んでおり、今シーズン、サウサンプトンがCL出場権を逃したことから去就が不透明になっていた。

 マンチェスター・Uは今シーズン、負傷離脱したイングランド代表MFマイケル・キャリックの穴を埋めるのに苦労し、同代表FWウェイン・ルーニーを中盤で起用するなどの策を採っていた。そのため中盤の補強に動くとみられ、バイエルンのドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーも候補に挙がっていると噂されていた。

 しかし同紙によると、ルイ・ファン・ハール監督はシュヴァインシュタイガーよりもシュネデルランを気に入っているようで、同選手が中盤の強化に最適だと考え、獲得の第一候補に決まったという。

 シュネデルランは今シーズン、プレミアリーグで26試合に出場し、4ゴールを挙げていた。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO