2015.06.02

D・コスタ、古巣への復帰を希望か…ロンドンでの生活に馴染めず

D・コスタ
チェルシーのリーグ優勝に貢献したD・コスタ [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタが、古巣であるアトレティコ・マドリードへの復帰を希望しているという。1日、スペイン紙『マルカ』が報じた。

 2014年夏にアトレティコ・マドリードからチェルシーに移籍したD・コスタ。プレミアリーグ移籍1年目で26試合出場20得点を記録し、チームのリーグ制覇に貢献した。チェルシーを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督からも絶大な信頼を得ており、同選手はロッカールームでも大きな役割を担っている。同じく移籍1年目のスペイン代表MFセスク・ファブレガス、ブラジル代表DFフィリペ・ルイスとともにすんなりとチームへ適応した。

 チェルシーはD・コスタの獲得に3800万ユーロ(約52億円)の移籍金を費やした。その期待に応え、見事結果を残した同選手のパフォーマンスにクラブは満足している。ところが選手本人はアトレティコ・マドリード復帰を希望しているという。

 問題となっているのはロンドンでの生活だ。雨が多い気候、英語、食事。このようなロンドンの生活にD・コスタはなかなか馴染むことが出来なかったようだ。そのため、17歳に入団し、その後レンタル移籍を繰り返しながらも25歳でエースとして活躍した古巣に復帰したいという希望を持っている。

 もしアトレティコ・マドリードに復帰するとなれば、給与が下がることは確実だ。チェルシーでの年俸は約700万ユーロ(約9億5000万円)で、アトレティコ・マドリード時代の2倍だ。そのため古巣に戻るとなければ、給与を下げなければならないことは本人も自覚している。

 また、アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督とも素晴らしい関係にあり、両者は今でも個別に連絡をとっていて、同監督はD・コスタの帰還を望んでいるという。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る