2015.06.02

アトレティコがチェルシーDFの復帰に興味か…2選手が交換要員に浮上

フィリペ・ルイス
チェルシーでプレーするフィリペ・ルイス [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードが、チェルシーに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイスの“買い戻し”を検討していることが明らかになった。5月31日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 フィリペ・ルイスは2014年7月にアトレティコから完全移籍でチェルシーに加入したものの、移籍初年度となった今シーズンはスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの控えに回る試合が多く、プレミアリーグ15試合への出場に留まった。

 しかし、同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、フィリペ・ルイスの実力を高く評価しており、簡単に放出するべきではないと考えているようだ。同紙によると、チェルシーは1700万ユーロ(約23億円)の移籍金を要求しているが、他の選手を差し出すことによる値引きにも応じるという。

 また、チェルシーはアトレティコ・マドリード所属のブラジル代表DFミランダと同クラブから日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンへレンタル中のベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの2選手に興味を示しており、獲得のためにフィリペ・ルイスを交渉材料にするだろうと、同紙は伝えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る