2015.06.01

元仏代表MFヴィエラ氏、ニューカッスルでプレミア指揮官デビューか

ヴィエラ
マンCリザーブチームを率いるヴィエラ氏 [写真]=Getty Images for UEFA

 マンチェスター・Cリザーブチームの監督を務める元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ氏が、ニューカッスルの指揮官に就任するという噂が浮上した。5月30日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 ニューカッスルのオーナーであるマイク・アシュリー氏は、ヴィエラ氏に選手獲得などの権力も与える方針にあると、同紙は伝えた。

 フランス語圏出身の選手を多く抱えるニューカッスル。フランス国籍のヴィエラ氏が適応しやすいだろうと、同クラブは考えているという。

 一方、マンチェスター・Cはヴィエラ氏の仕事を評価しており、同氏もいずれトップチームを率いるという目標を明かしている。

 現在38歳のヴィエラ氏は現役時代、カンヌ、ミランアーセナルユヴェントスインテルでプレーした。2010年1月にマンチェスター・Cへ移籍し2011年に現役を引退。その後、クラブに残り指導者としてのキャリアをスタートさせている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る