2015.05.29

マンUのルーニー、主将1年目を振り返る「全体的に満足している」

ルーニー
マンUでプレーするルーニー [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、キャプテンとしてプレーした今シーズンを振り返った。クラブ公式HPが伝えている。

 ルイ・ファン・ハール監督が就任して新たなスタートだった今シーズン。ルーニーは指揮官が就任した当初について、「興奮したね。素晴らしい成績を残していて、トップレベルの指導者だと思っていた」と語る。「仕事の仕方、考え方を目の当たりにして、これまで成功を収めてきた理由がわかった」と続けた。

 自身にとって、ファン・ハール監督にキャプテンを任されたシーズン。「調子はよかった。複数ポジションでプレーして、ゴールも決められた」と口にする。リーグ戦では33試合に出場して、チームトップの12ゴールを挙げ、「全体的にはキャプテンとしての初シーズンに満足している」と語った。

 チームは、リーグ戦で20勝10分け8敗の勝ち点70で4位フィニッシュ。タイトル獲得は逃したが、「チャンピオンズリーグ出場権の獲得が最重要だった」と明かすルーニー。「来シーズンは、タイトル獲得に集中する。チームを引っ張っていきたい」と、早くも意欲を示した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る