FOLLOW US

ジェラードのプレミアラストマッチ…一矢報いるもチームは歴史的大敗

プレミアラストマッチを戦ったジェラード [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ最終節が24日に行われ、ストークとリヴァプールが対戦した。

 リヴァプールは前節、クリスタル・パレスとのホームゲームでは、ジェラードのアンフィールド最終戦でありながら惨敗を喫してしまった。ジェラードのプレミアリーグ最終戦、そしてヨーロッパリーグ出場権確保のためにも負けられない試合となる。

 試合が動いたのは22分、ストークが攻めこむと、ゴール前でパスを受けたチャーリー・アダムがミドルシュート。GKシモン・ミニョレが弾いたが、こぼれ球をマメ・ビラム・ディウフが詰めて先制に成功する。

 さらに26分、ペナルティエリア手前左でパスを受けたディウフが右足でシュート。強烈なシュートがミニョレの正面を抜けてストークが追加点を奪う。

 勢いに乗るストークは、30分に右サイドからクロスを上げると、リヴァプールエムレ・ジャンが頭でGKへバックパス。これがパスミスとなりボールを拾ったジョン・ウォルターズが決めて3点差となる。続く41分にアダムが、45分にはスティーヴン・ヌゾンジがミドルシュートを決めて5-0と大量リードを得て、前半を折り返す。

 ジェラードにとっては悪夢のプレミア最終戦となったが、70分に一矢報いる。後方からのロングボールをリッキー・ランバートが頭ですらすと、抜けだしたジェラードがGKと一対一となる。ジェラードは冷静にゴール左に流し込み、今シーズン9ゴール目を挙げた。

 しかし86分、ストークの攻撃で左サイドからクロスが上がるとピーター・クラウチがヘディングシュートを決め、再び5点差になる。

 このまま試合は終了し、ストークが6-1でリヴァプールを下した。リヴァプールは同日勝利したトッテナムに抜かれたが、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが敗れたために6位となり、なんとかEL出場権は確保できた。

【スコア】
ストーク 6-1 リヴァプール

【得点者】
1-0 22分 マメ・ビラム・ディウフ(ストーク)
2-0 26分 マメ・ビラム・ディウフ(ストーク)
3-0 30分 ジョン・ウォルターズ(ストーク)
4-0 41分 チャーリー・アダム(ストーク)
5-0 45分 スティーヴン・ヌゾンジ(ストーク)
5-1 70分 スティーヴン・ジェラード(リヴァプール
6-1 86分 ピーター・クラウチ(ストーク)

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA