FOLLOW US

アザール、親知らず3本抜歯でMVP受賞式を欠席…最終節も欠場か

チェルシーに所属するベルギー代表MFアザール [写真]=Getty Images

 イングランドのサッカーライター協会(FWA)による今シーズンの年間表彰式が21日に行われたが、年間最優秀選手賞に選出されたチェルシー所属のベルギー代表MFエデン・アザールは、歯の手術を行ったため欠席していた。同協会の公式サイトが同日に伝えている。

 FWAの発表によると、アザールは20日に、親知らず3本を抜歯する手術を受けており、その痛みが治まらなかったため表彰式を欠席。同選手は、手術の延期を試みていたが、緊急を要する事態になった模様で、欠席を強いられる事態となった。

 また、同選手は欠席した代わりに自身のツイッターで、「年間最優秀選手に選んで頂いてFWAにとても感謝している。表彰式に出られず申し訳ないが、この偉大な賞の受賞をとても誇りに思っているよ」とコメントしている。

 だが、アザールはこの手術の影響で、24日に行われるプレミアリーグ最終節のサンダーランド戦では欠場が濃厚となっており、FWAは「ほぼ確定」と見込んでいる。今シーズンのプレミアリーグでここまで全37試合に出場していた同選手だったが、最後の最後で欠場が決定的となった。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA