2015.05.20

もしもスペインの2強がプレミアで戦ったら…モウリーニョの考えは?

モウリーニョ
モウリーニョがプレミアとリーガの違いについて語った [写真]=Getty Images

 チェルシーの指揮官、ジョゼ・モウリーニョがスペインの2強、バルセロナとレアル・マドリードについて語った。

 両クラブは過去10年のリーガ・エスパニョーラを席巻する存在であり、UEFAチャンピオンズリーグでも主役を演じる存在だ。しかし、前レアルの指揮官は、世界的ビッグクラブである両クラブがプレミアリーグで戦った場合、同じようにリーグを席巻する存在にはならないと考えているようだ。

『talkSPORT』の独占インタビューでモウリーニョは以下のように語っている。

「私はスペインにいたが、エンジョイできなかった」

「勝ち点100、121ゴールという記録でリーガのタイトルを勝ち取ったが、シーズンを通して3、4試合しか“プレー”していなかったので、楽しくなかったよ」

「私は勝ち点92でタイトルを失ったが、私たちが“プレー”したのはたった4、5試合だけだった」

「チャンピオンでなければ、全ての試合で勝利しなければならないというプレッシャーを感じるだろう。勝って、勝って、また勝つ必要がある。しかし、それは巨大なチームとその他の間には大きな、大きな、ギャップがあるんだ」

「(イングランド以外の)他の国では、多くの試合で休むことができる。スペインでもイタリアでも、多くの“休息試合”に勝利した。次の試合のことを考えることができるし、選手たちを休ませることができる」

「今シーズン、私はブラッドフォード戦で何人かの選手を休ませた。そして、ブラッドフォードに敗れた。それが英国のフットボールさ。2-0で勝っている時にゴールを許すと、最後の数分間で2-2のドローになり、2ポイントを失うことが起こりうるんだ」

「これがプレミアリーグのクオリティだ。休む暇が全くないんだ。単なる試合数じゃない。インテンシティさ。そして、それは単なるフィジカル的なインテンシティじゃない。メンタル面のインテンシティを感じるだろう」

「私は2つのリーグ(プレミアリーグとリーガ・エスパニョーラ)の間に大きな差があると思う。彼ら(バルセロナやレアル・マドリード)がプレミアリーグを勝ち取れると思うかい? もしかしたらあり得るが、あり得ないかもしれない」

 プレミアリーグにはいかに多くのライバルが存在し、激しい戦いを強いられているかを示すため、リーガ・エスパニョーラでは数試合しかプレーしていないという独特の評し方をしたモウリーニョ。ポルトガルやイタリアでも結果を残してきた存在だけに、その言葉は非常に重い。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
75pt
シャルケ
55pt
レヴァークーゼン
51pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
64pt
欧州順位をもっと見る