2015.05.20

元独代表バラック氏、クロップ監督のプレミア行きを予想「兆候がある」

バラック
元ドイツ代表キャプテンのバラック氏 [写真]=FIFA via Getty Images

 元ドイツ代表キャプテンのミヒャエル・バラック氏が、今シーズン限りでドルトムントの指揮官を退任するユルゲン・クロップ監督のプレミアリーグ行きを予想している。ドイツメディア『Sport1』が19日に報じた。

 バラック氏は、レヴァークーゼンやバイエルンなどでプレーした後、2006年にチェルシーへ移籍。4シーズン過ごして、2010年にレヴァークーゼンに復帰し、2012年に現役を引退した。同氏は、自身もプレー経験のあるプレミアリーグで、クロップ監督が指揮を執ると見込んでいる。

 同監督の去就について、バラック氏は「彼がイングランドで監督を務めるといういくつかの兆候がある。イングランドでも噂されているし、彼がイングランドへ行くことは筋が通っていると思うよ」とコメント。さらに、「彼はドイツでも最高のクラブの1つで監督を務めた。彼は、監督としてのスタイルと成功を、世界的に評価されている。それに英語も喋れるしね」と説明している。

 先日、トルコのフェネルバフチェとの会談を報じられたクロップ監督。その他、プレミアリーグのクラブからの関心も報じられており、アーセナル、マンチェスター・C、リヴァプールやウェスト・ハムなどの名前が挙がっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る