FOLLOW US

勝てば優勝…アトレティコ戦に臨むバルサ指揮官「復讐心はない」

バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督 [写真]=Getty Images

 17日に行われるリーガ・エスパニョーラ第37節で、バルセロナアトレティコ・マドリードと対戦する。バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が前日会見に臨み、16日に同クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 同リーグ首位快走中のバルセロナは、残された2試合のうち1つでも勝てば優勝決定となる。また、コパ・デル・レイとチャンピオンズリーグでも決勝に進出しているため、3冠も見える状況にある。L・エンリケ監督は、「クラブの歴史で1度しかなかったことをやり遂げられると、我々は意識し始めている。ここまで難しい局面がたくさんあったし、3冠達成は非常に難しいだろう。我々は偉大な試合を3度すべきだ」と、意気込みを口にした。

 この試合と同じく、勝てば優勝決定の昨シーズン最終節では、本拠地カンプ・ノウでアトレティコと引き分け、逆に目前で優勝を決められた。今シーズンは敵地ビセンテ・カルデロンで優勝を決め、昨年の“復讐”を果たすことはできるのかと、各メディアが話題にしている。

 しかし同監督は、「復讐心は全くない。昨シーズンのアトレティコは王者に相応しかった。類を見ないような華々しいシーズンを送っていた」と、特に意識しない様子を見せている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA