FOLLOW US

アグエロの得点王は確実か…今季大ブレイクのケインが終盤で失速

左からケイン、アグエロ、D・コスタ [写真]=Getty Images

 チェルシーが独走で5年ぶり5度目の優勝を決めたプレミアリーグ。得点王の座は、マンチェスター・C所属のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがほぼ手中に収めている。

 シーズン序盤からコンスタントにゴールを積み重ねていたアグエロは、第8節のトッテナム戦では4得点を奪うなど、圧巻の決定力を見せた。しかし、第15節のエヴァートン戦でひざを負傷。昨シーズンもけがに苦しんだアグエロが、今シーズンも長期離脱を強いられた。復帰後もしばらくは得点から遠ざかっていたが、直近5試合で連続ゴールを記録。前節のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦ではハットトリックを決めて合計25得点に伸ばし、2位との差を一気に突き放した。

 そのアグエロを追いかけるのが、今シーズン大ブレイクのイングランド代表FWハリー・ケイン。2013-14シーズンからトッテナムのトップチームに定着したケインは今シーズン、リーグ戦で20得点を挙げる活躍で、A代表にも招集された。リトアニア代表とのユーロ2016予選で途中出場すると、わずか80秒後にゴールを決め、鮮烈デビューを飾っている。しかし、ここにきて失速。アグエロが連続ゴールを挙げているのに対し、ケインは第30節のレスター戦でハットトリックを決めて以降、6試合でわずか1ゴールにとどまっている。

 3位は、スペイン代表FWジエゴ・コスタで19得点。昨シーズン、リーガ・エスパニョーラで得点ランキング3位の27ゴールを叩き出したD・コスタが、プレミアリーグでも爆発した。開幕から4試合で7得点を記録し、ジョゼ・モウリーニョ監督には「異常な記録だ。今のサッカー界で最高のストライカーの一人であり、特別な選手だ」と言わしめた。だが、第30節のハル戦でハムストリングを負傷。第31節のストーク戦での途中出場を最後に欠場が続いており、今シーズン中の復帰が見送られる可能性も出ている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA