2015.05.10

負傷交代のルーニーとショーは軽傷か…指揮官「酷い状態ではない」

ウェイン・ルーニー
クリスタル・パレス戦で負傷したルーニー(中央)[写真]=Man Utd via Getty Images

 プレミアリーグ第36節が9日に行われ、マンチェスター・Uはクリスタル・パレスと対戦し、2-1で勝利を収めた。

 同試合の40分、イングランド代表DFルーク・ショーがMFジェームズ・マッカーサーと衝突。そのままピッチに座り込んだため、プレー続行が不可能となり交代を強いられていた。また、前半途中に左足の大腿部を蹴られた同代表FWウェイン・ルーニーも、ハーフタイムでベンチに下がった。

 試合後、クラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューに応じたルイ・ファン・ハール監督は、「ショーは相手の肘打ちを顔面に受けて、鼻血を出していた。病院に運ばれたが、そのままチームと一緒に飛行機で帰れると聞いている。酷い状態ではないのだろう。ルーニーは打撲で、来週の試合には出場できるはずだ」と、両選手ともに軽傷であったことを明かした。

 マンチェスター・Uは連敗を3でストップさせ、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得に前進している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る