2015.05.04

ジェラードがPK失敗に落胆…勝ち越しゴール挙げるも「粗末なPKだ」

ジェラード
QPR戦でPKを失敗したジェラード(右)[写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第35節が2日に行われ、リヴァプールはQPR(クイーンズ・パーク・ レンジャーズ)と対戦し、2-1で勝利した。リヴァプールに所属する元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが試合後にコメントし、3日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 同試合では1-1の同点で迎えた78分、リヴァプールはPKを獲得するも、ジェラードのキックはゴールキーパーの好セーブに遭っている。しかし87分、ジェラードはヘディングで決勝点となる勝ち越しゴールを挙げ、PK失敗の汚名を返上した。

 同選手は「粗末なPKだった。とてもがっかりしているよ」と後悔のコメントを発表。一方で「ヘディングゴールを決めることができて嬉しい。勝ち点3を得たことによって、皆が幸せな気持ちで帰ったこともね」と、喜びを口にしている。

 ジェラードは今シーズン限りでリヴァプールを退団し、MLS(メジャー・リーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシー加入が決定している。リヴァプールの一員としてプレーする機会を残り3試合とした同選手は来シーズンのリヴァプールについてコメントした。

「きっと来年、このチームは全てのタイトルを争うことができるだろう」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る