2015.05.03

リヴァプールのファングループ、飛行機のバナーで指揮官に退任要求

アンフィールド上空を飛んだバナー [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第35節が2日に行われ、リヴァプールはクイーンズ・パーク・レンジャーズと対戦し、2-1で勝利した。同試合で、スタジアムの上空に「ロジャーズ・アウト、ラファ・イン」と掲げられたバナーが飛んでいたことが明らかになった。同日付の大手メディア『スカイ・スポーツ』が報じている。

 リヴァプールは、第17節のアーセナル戦から第29節のスウォンジー戦までリーグ戦13試合無敗で好調を維持していたが、直近の5試合では1勝1分け3敗と失速していた。一時はあと一歩に迫ったチャンピオンズリーグ出場権も遠のき、チームを率いるブレンダン・ロジャーズ監督に批判が集まっていた。

 そしてホームのアンフィールドで行われた同試合、スタジアムの上空を飛ぶ飛行機が引っさげてきたのは「ロジャーズ・アウト、ラファ・イン」の文字が書かれたバナーだった。“ロジャーズ“というのは当然ロジャーズ監督のことを指し、“ラファ”とは2004年から2010年までリヴァプールの指揮官を務め、チャンピオンズリーグ優勝などを成し遂げた、現・ナポリ監督のラファエル・ベニテス氏を指すと思われる。つまり、ロジャーズ監督の退任と、ベニテス氏の古巣復帰を願っているようだ。

 ベニテス氏とナポリの契約は今シーズン終了後に満了を迎える。今回のバナーを掲げたファン・グループのツイッターは(@RodgersOutClub)は、「我々は生涯のリヴァプールファンで、ブレンダン・ロジャーズはもう十分だと思っている。静かにしたり、この状況を無視することは出来なかった」とコメント。また、プロフィール欄には「3シーズン、2億1200万ポンド(約385億8000万円)、獲得タイトル無し」と、多額の選手補強を行いながら結果が出せていないと批判している。

 しかし、ロジャーズ監督率いるリヴァプールは試合終了までのこり3分の87分に、主将の元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが決勝ゴールを決め、3試合ぶりの勝利を収めている。果たしてこれにより状況が好転するのか注目される。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る