2015.04.26

劇的勝利でCL出場に一歩前進のマンC…指揮官「ラッキーではない」

ペジェグリーニ
アストン・ヴィラ戦で指揮を執るペジェグリーニ監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cは25日、プレミアリーグ第34節でアストン・ヴィラと対戦し3-2の勝利を収め、チャンピオンズリーグ出場権獲得に一歩前進した。試合後、チームを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督がクラブ公式HPを通じてコメントを残している。

 試合開始早々に相手GKのミスからラッキーな形で先制したマンチェスター・Cは、66分に追加点を挙げるもその後まさかの2失点。引き分けに終わるかと思われたが89分にセットプレーから劇的な決勝点を挙げ、シーソーゲームを制した。

 ペジェグリーニ監督は「この結果がラッキーなものだとは思わない。我々は良いプレーができず、アストン・ヴィラは支配率の面で特に良いプレーをした。だが相手の得点チャンスは多くなかった。3点目はセットプレーからだったが、それがラッキーと言えるのかはわからないよ」と、試合結果が幸運によるものではないと話している。

 同日引き分けに終わった5位リヴァプールとの勝ち点差を9に広げたことについては「今日、勝ち点3を獲れたことは非常に重要なことだ」と喜びを表しつつ、「(残り4試合で)勝ち点12を得るためにまた戦うんだ。今日のようなスピリットを引き続き見せる必要がある」と、気を引き締めた。

 マンチェスター・Cは次節、5月3日にトッテナムと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る