2015.04.26

英2部ワトフォード、最終節を残し8年ぶりのプレミア昇格が決定

8年ぶりの昇格を喜ぶワトフォードの選手達 [写真]=Getty Images

 チャンピオンシップ(イングランド2部)第45節が25日に行われ、首位ワトフォードはブライトンと対戦。この試合に2-0の勝利を収め、8年ぶりとなるプレミアリーグ昇格を決めた。

 同クラブはこの日の勝利で勝ち点を88に伸ばし、同日に敗戦を喫した3位ミドルズブラ(同84)との勝ち点差を4に広げた。この結果、最終節を残しての2位以上が確定し来シーズンのプレミアリーグ昇格が決定した。

 1881年に創設されたワトフォードは、1984年にはFAカップで準優勝の成績をおさめ、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)にも出場するなど成功を収めた。1999年と2006年にプレミアリーグに昇格しているが、いずれも残留は叶わず1年で降格となっている。

 なお、チャンピオンシップでは上位2チームと、3から6位で行われるプレーオフ優勝者の計3チームがプレミアリーグに昇格する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る