2015.04.20

トッテナムFWケインが今季30得点…プレミアで20点以上はクラブ4人目

ケイン
ニューカッスル戦でゴールを決めたトッテナムFWケイン [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第33節が19日に行われ、トッテナムはニューカッスルと対戦し3-1で勝利した。同試合でチーム3点目を決めたトッテナム所属のイングランド代表FWハリー・ケインが今シーズンの公式戦で30得点に達した。

 ケインは、2-1で迎えた後半アディショナルの91分に、エリク・ラメラのアシストで、プレミアリーグでは20得点目、公式戦では30得点目となるゴールを獲得した。

 トッテナムの公式サイトによると、同クラブで30得点達成は、1991-92シーズンの元イングランド代表FWゲーリー・リネカー氏(現サッカー番組司会者)が記録して以来、23シーズンぶりのこととなった。

 また、プレミアリーグ公式サイトによると、1992年に設立された同リーグで、20ゴール以上を決めたトッテナムの選手は4人目。ケインは、元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマン氏(現アメリカ代表監督)、元イングランド代表FWテディ・シェリンガム氏、ウェールズ代表MFガレス・ベイル(現レアル・マドリード所属)に続いてクラブの歴史に名を残した。

 また、リーグ戦で20ゴール目を決めたケインは、チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタの19得点を抜いた。だが、マンチェスター・C所属のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、同日に行われたウェストハム戦で1ゴールを挙げて、合計20得点に伸ばしているため、得点ランキングではトップタイとなった。

 なお、プレミアリーグ初年度の1992-93シーズンに22ゴールを挙げたシェリンガム氏がトッテナムの選手として得点王を獲得。しかしシェリンガム氏は、同シーズンの開幕戦はノッティンガム・フォレストでプレーし1ゴールを決めていた。そのため、現在21歳のケインが今シーズンの得点王に輝けば、トッテナム単独では初となる。

■プレミアリーグ第33節終了時点の得点ランキング

1 20ゴール ハリー・ケイン(トッテナム)
1 20ゴール セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
3 19ゴール ジエゴ・コスタ(チェルシー)
4 17ゴール チャーリー・オースティン(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)
5 14ゴール アレクシス・サンチェス(アーセナル)
5 14ゴール オリヴィエ・ジルー(アーセナル)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る