2015.04.18

公式戦8試合で2勝6敗…不調のマンCに指揮官「責任は私にある」

ペジェグリーニ
マンチェスター・U戦に臨むペジェグリーニ監督 [写真]=Getty Images

 19日に行われるプレミアリーグ第33節で、マンチェスター・Cはウェストハムと対戦する。17日マンチェスター・Cを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が試合に向けての会見に臨み、同クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 同チームは最近の公式戦8試合で2勝6敗と絶不調。12日に行われたリーグ戦第32節のマンチェスター・U戦では2-4の敗戦を喫し、3位マンUと4ポイント差の4位に沈んでいる。5位リヴァプールとの差も同じく4ポイントで、残り6試合の結果次第では来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すことも考えられる。

 ペジェグリーニ監督は「ファン、選手、スタッフがこれまで以上に一丸となることが重要だ。我々は1つのクラブなのだから」と団結を求め、「私たちにとってのプレッシャーとは、優勝のために戦うことではなく、いつものパフォーマンスをとり戻すことだ。私たちの頭の中にあるのは、日曜日のウエストハム戦のことだけだ」と、意気込みを口にしている。

 また、負傷者については「(デドリック)ボヤタは問題ない。(ステヴァン)ヨヴェティッチ、(ウィルフリード)ボニー、(ガエル)クリシー、(ジェームズ)ミルナーと(ヴァンサン)コンパニは欠場予定だ。コンパニは筋組織をけがしていて、今シーズン中に復帰できるのか分からない」と、明かした。

 そして、今シーズンの分析を求められた同監督は、「すべての責任は私にある。私が選手を選んでおり、彼らを信じている。結果も私の責任だ。選手にも責任があるが、選手を選んでいるのは私だ。終わり次第、今シーズンを分析する必要がある。残りの6試合に負けたら、勝ったときと同じ結果にはならない。2位で終えるかもしれないし、8位で終えるかもしれない。シーズン終了前に分析することは不可能だ」と、語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る