2015.04.17

元マンU監督「ファン・ハールとモウリーニョは癇に障るタイプ」

ファン・ハール監督(右)とモウリーニョ監督(左) [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uの元監督であるロン・アトキンソン氏が、現在チームを率いるルイ・ファン・ハール監督とチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督に対する印象を語った。クラブ公式HPが伝えている。

 両チームは、18日に行われるプレミアリーグ第33節で対戦する。アトキンソン氏は試合を控え、「彼らは、最近あまり見ない非常にユニークな性格の持ち主」と両指揮官を表現。「監督の多くは、コーチと呼んでも良いような指導者。彼らは、全体をコントロールできる貴重な指導者」と評価した。

「(アルセーヌ)ヴェンゲルも彼らと一緒と言えるが、誤解を恐れずに言えば、彼ら2人は“癇に障る”タイプ。それだけ強烈な個性の持ち主」とも語る。マンチェスター・Uを1983 年と1985年のFAカップ優勝に導いたアトキンソン氏は、「最近はオーナーが各部署を任せられる人材を採用して、部署が分散している。昔は、事実上全ての部署を監督が掌握していた」と、昨今との相違点にも言及している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る