2015.04.15

PFA会長代理は問題行動のスターリングを擁護「小さな過去になる」

13日に行われたニューカッスル戦に出場したスターリング [写真]=Getty Images

 PFA(イングランドサッカー選手協会)の会長代理を務めるボビー・バーンズ氏が、リヴァプール所属のイングランド代表MFラヒーム・スターリングについてコメントしている。14日付のイギリスメディア『BBC』が伝えた。

 現在20歳のスターリングは、水タバコを咥えているところを写した写真が11日付のイギリス紙『デイリーミラー』に掲載され、13日付の同国紙『サン』には、同選手が笑気ガスを吸っていたことを報じられていた。

 バーンズ氏は「模範となるべきであるサッカー選手が、合法か非合法かに関わらず、こういったものを使っているのは誰も容赦しないだろう」と、同選手の行為に言及。一方で「しかし、ほとんどの人間が10代や20代前半の時にやったことを思い出すと、やるべきではなかったと後悔する。スターリングがこれから素晴らしいキャリアを進むにあたって、これは小さな過去になると確信している」と、同選手を擁護した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング