2015.04.14

前監督獲得のフェライニとマタも活躍…マンU、昨季の勝ち点上回る

マタ
12日のダービー戦でゴールを決めたマンUのMFマタ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、12日に行われたプレミアリーグ第32節、マンチェスター・Cとの“マンチェスター・ダービー”を4-2で制した。

 リーグ戦6連勝となったこの白星で勝ち点を「65」に伸ばし、4位マンチェスター・Cとの勝ち点差を「4」に広げ、2位アーセナルとは勝ち点差「1」で3位をキープ。また、今シーズン残り6試合で、昨シーズンの最終成績である勝ち点「64」を上回った。

 今シーズン、ルイ・ファン・ハール監督が率いるマンチェスター・Uは、ここまで19勝8分5敗。昨シーズンは、デイヴィッド・モイーズ前監督(現レアル・ソシエダ指揮官)と、同監督解任後に暫定で4試合の指揮をとったライアン・ギグス氏(現マンUのアシスタントコーチ)が率いて、19勝7分12敗という成績だった。

 昨シーズン、マンチェスター・Uはまさかの7位で終了。リーグ戦34試合を指揮したモイーズ前監督だが、新指揮官を迎えた今シーズンに遺産を残している。

 それは同クラブ所属のベルギー代表MFマルアン・フェライニとスペイン人MFフアン・マタの存在。フェライニはモイーズ前監督が同クラブに就任した2013年夏の移籍市場閉幕日に古巣のエヴァートンから獲得し、マタは昨シーズンの冬の移籍市場で加入していた。

 昨シーズンはゴールを決めることが出来なかったフェライニだが、今シーズンになってリーグ戦21試合に出場し、1年越しの移籍後初ゴールを含む5得点をマーク。最近では194センチの長身を活かし、前線でのターゲットとしても、チームの欠かせない存在となっている。

 マタは、昨シーズンの加入後、リーグ戦で15試合に出場し6ゴール。今シーズンも27試合に出場し8ゴール4アシストを記録している。両選手は12日のダービー戦でも1ゴールずつ決めて勝利に貢献していた。

 マンチェスター・Uは次節、18日に首位チェルシーと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング