2015.04.03

EL出場権目前のサウサンプトン…指揮官は可能な限りの補強を希望

クーマン
サウサンプトンを率いるクーマン監督 [写真]=Getty Images

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは4日に行われるプレミアリーグ第31節で、エヴァートンと対戦する。チームを率いるロナルド・クーマン監督が試合に向けての会見で、クラブの補強方針に注文をつけた。3日付の大手メディア『ESPN』が伝えている。

 サウサンプトンは現在プレミアリーグの6位につけており、ヨーロッパリーグ(EL)出場権が得られる5位や、チャンピオンズリーグ出場権が得られる4位以内も手の届く範囲内にある。また、リーグで首位を維持しているチェルシーが今シーズンのキャピタル・ワン・カップを優勝したため、6位でもELの出場を見込むことができ、さらに3位アーセナルや5位リヴァプールがFAカップで優勝した場合、最大でリーグ7位のチームまでが繰り上げでELに出場できることになる。

 ヨーロッパの舞台を目前に控えたサウサンプトン。しかしクーマン監督は、「ビッグクラブはたくさんの選手を抱えており、2つや3つの大会で戦うことができる。我々にはより困難だ」と、試合数が増えるにあたり、今の戦力では厳しいとの考えを明かした。

 さらに同監督は「しかし、それが来シーズンに向けた私の計画を理由づけてくれている。我々は可能な限り選手の数を増やし、より経験豊富な選手を獲得する必要があるだろう。ヨーロッパで戦うのなら、いくつもの大会に向けられるよう、いい選手たちを保有していないといけない」と、今後を見据えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング