FOLLOW US

代表得点王に並んだファルカオ、マンU残留を「確信」も慎重な姿勢

コロンビア代表としてプレーするファルカオ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが、来シーズンも同クラブに残留する意志を表明した。31日付のUAEメディア『スポーツ360°』が、ファルカオのインタビューを掲載している。

 今夏以降もチームに残留するのかを問われると、ファルカオは「そう確信してるよ」と残留を明言。一方で「シーズンが終わったら、どの選択が自分のキャリアにとってベストなのか、しっかり考えたい」と、慎重な姿勢も見せている。

 同選手は今シーズン、モナコからのレンタル移籍でマンチェスター・Uへ加入したものの、なかなか結果を残すことができず、ここまでのプレミアリーグで挙げた得点数はわずか4点。10日にはU-21の試合に出場していた。しかし、30日に行われたコロンビア代表とクウェート代表の親善試合で得点を挙げると、通算24得点でコロンビア代表の歴代得点記録に並び、改めて自らの価値を証明している。

 ファルカオが来シーズン以降もマンチェスター・Uでのプレーを続けるためには、クラブが4320万ポンド(約77億円)の移籍金を払う必要があるといわれている。しかし、18日付のイギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、同チームを率いるルイ・ファン・ハール監督がファルカオを高く評価しているという。さらにこれまで、ユヴェントスが同選手の獲得に興味を示しており、所属元であるモナコと交渉していると、報じられてきた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO