FOLLOW US

ヴェンゲル監督のアーセナル就任から18年半…プレミアでの退任劇は計156回

アーセナルを率いるヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が在任期間中に、これまでプレミアリーグの全クラブで156回の退任劇が行われていることが明らかとなった。イギリス紙『デイリーメール』が25日に報じている。

 ヴェンゲル監督がアーセナルの指揮官に就任したのは1996年9月。それから18年半、プレミアリーグで3度、FAカップで5度の優勝を導いてきた。

 アーセナルに多くのタイトルをもたらしたこともさることながら、ヴェンゲル監督は、プレミアリーグの他クラブで退任劇が数多く起こるのを横目に、長期政権を築き上げてきた。

 同監督がアーセナルに就任直後、10月にブラックバーンのレイ・ハーフォード監督、コヴェントリーのロン・アトキンソン監督が退任。初シーズンでは両監督を含む6名が退任となっていた。

 その後ヴェンゲル監督は、2007年9月にはチェルシーを率いていたジョゼ・モウリーニョ監督の第一期政権、2013年5月にはマンチェスター・Uを指揮していたアレックス・ファーガソン氏の26年にも渡る長期政権の終焉も見届けていた。今シーズンはすでに7名が退任するなど、18年半で合計156回の退任が他クラブであった。

 なお、この18年半で最も多く指揮官を変えたクラブはチェルシーとニューカッスルで11回。2月15日にQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)を退任したハリー・レドナップ監督が、退任5回で最もクラブを去った回数が多い指揮官となっている。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA