FOLLOW US

吉田所属のセインツ、守護神フォースターが左ひざ手術で今季絶望に

バーンリー戦で負傷したサウサンプトンGKフォースター [写真]=Getty Images

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、守護神のイングランド代表GKフレイザー・フォースターが負傷した左ひざの手術を受けて、今シーズンの離脱が決まったと、25日にクラブ公式サイトで発表した。

 フォースターは、21日に行われたプレミアリーグ第30節のバーンリー戦で、開始14分に負傷交代していた。23日に検査を受けたところ、膝蓋腱の損傷と診断され、手術を行っていた。

 同選手の手術は無事成功したが、長期離脱は避けられず、残り8試合を残すリーグ戦の欠場が決まった。術後の経過を見て、さらなる検査が行われ、離脱期間が判断される。

 サウサンプトンは現在リーグ戦で6位。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位マンチェスター・Uとの勝ち点差は6となっている。

 フォースターは昨年8月にセルティックからサウサンプトンに加入。リーグ戦では開幕から29試合にフル出場していた。イングランド代表としては、2013年11月にデビューしており、昨年夏のブラジル・ワールドカップのメンバーにも選出されていた。

 27日に行われるユーロ2016予選のリトアニア戦と、31日に行われる親善試合のイタリア戦に臨むイングランド代表にも選ばれていたが、この負傷で離脱している。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA