FOLLOW US

バロテッリ、退場危機救ったサポに感謝「ピッチで1人じゃなかった」

バロテッリ(右)を止めるリヴァプールのサポーターたち [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールに所属するFWマリオ・バロテッリが、サポーターに感謝の気持ちを伝えた。

 バロテッリは、22日に行われたマンチェスター・Uとの“ナショナル・ダービー”に出場。白熱した試合が展開される中、マンチェスター・Uのイングランド代表DFクリス・スモーリングと競り合いながら、看板に衝突したバロテッリが激昂するシーンがあった。

 スモーリングと口論になりかけたバロテッリだが、ピッチサイドのリヴァプールサポーターが大人の対応。バロテッリの両脇を抱え、なだめるシーンが話題となっていた。

 バロテッリは23日に自身のフェイスブックを更新。同場面の写真とともに「全力を尽くしたけど、試合は俺たちのものにならなかった。ひとつだけ明らかだったこと。ピッチの上で俺は1人ぼっちじゃなかった」とコメントを残した。

 バロテッリはピッチ内外でトラブルメーカーとして知られ、非難の的になることもしばしば。そんな周囲の喧騒に対し、過去には「WHY ALWAYS ME?(何でいつも俺なんだ?)」とメッセージを発したこともあったが、今回は冷静に戦うよう諭してくれたサポーターに感謝の意を表している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO