2015.03.23

絶好調ケイン、19ゴールでついにプレミア得点ランクトップタイに

ケイン
レスター戦でハットトリックを決めたケイン [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第30節が21、22日に行われた。同節終了時点で、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが、得点ランキングトップタイに浮上した。

 トッテナムは21日に行われた同節のレスター戦で4-3の勝利を収めた。同試合でケインは、6分、13分、64分にゴールを決めてハットトリックを達成。今シーズンのゴール数を19とした。

 同節開催前は、チェルシーに所属するFWディエゴ・コスタが18ゴールで得点ランクトップに立っていた。チェルシーは22日にハル戦を行ったため、21日の各試合終了時には、ケインが暫定で得点ランクトップに浮上。だが、D・コスタもハル戦で1ゴールを挙げて、トップの座を簡単には明け渡さなかった。

 チェルシーは1試合未消化のため、D・コスタにとって得点王争いは有利だが、同選手はハル戦でハムストリングを負傷。詳細は明かされていないが、離脱となればケインにとって初の得点王獲得に大きな弾みとなる。

 なお、1992年に設立されたプレミアリーグで、初シーズンの1992-23シーズンに22ゴールを挙げた元イングランド代表FWテディ・シェリンガム氏がトッテナムの選手として得点王を獲得。しかしシェリンガム氏は、同シーズンの開幕戦はノッティンガム・フォレストでプレーし1ゴールを決めていた。そのため、現在21歳のケインが今シーズンの得点王に輝けば、トッテナム単独では初となる。

 今シーズンのプレミアリーグは残り8試合。優勝争い、トップ4争いもさることながら、得点王争いもし烈さを増している。

■プレミアリーグ第30節終了時点の得点ランキング

1 19ゴール ジエゴ・コスタ(チェルシー)
1 19ゴール ハリー・ケイン(トッテナム)
3 17ゴール セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
4 15ゴール チャーリー・オースティン(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)
5 13ゴール アレクシス・サンチェス(アーセナル)
5 13ゴール オリヴィエ・ジルー(アーセナル)

(データはプレミアリーグ公式サイトより)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る